2004年6月9日水曜日

物干竿

仕事から帰り、外に干してあった洗濯物をしまおうと思い暗くなった外を見たら、洗濯物のシルエットがありませんでした。あれっ?と不思議に思い、近付いて みても影も形もありません。神隠しにでもあったような感じです。しばらく洗濯物を干した辺りを凝視したのち、ふっと下を見たら、竹製の物干竿が真っ二つに 折れ、洗濯物がベランダの板に落ちていました。恐ろしく不吉です。。いったい何ものの仕業でしょう??

9月でこのアパートに住んで6年になりますが、竹製物干竿は入居した時からあったものです。ただ単に、長年雨風にさらされて老朽化して折れただけですね。あーあ、新しい物干竿を調達しなくては。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿